タイトル

HOMEへネットに詳しい広報効果認知してもらうSEO対策評価されやすい適切なコンテンツづくり調査の重要性使いやすくするためにアクセス解析SEO対策スターターガイドプラグインseo対策vs即効性を見込める広告seo内部対策seoコンテンツマーケティングリスクの回避SITEMAPページ

 

SEO対策 -カテゴリーの設定方法-

 

アフィリエイトや企業紹介などでウェブサイトやブログを活用する場合、
収益に結びつけるのに必須の技術がseo対策です。
技術が必要


多くの人に訪問してもらう、滞在時間を長くする、検索エンジンに好まれる状態をキープするなどの効果が得られます。

seo対策には様々な手法が存在しますが、カテゴリー設定を疎かにしないことが大切です。

 

カテゴリー設定とは、ジャンルごとに記事を分ける方法で、訪問者が目的の記事を
探しやすくなったり、検索エンジンにウェブサイトやブログの傾向を理解してもらう際に有効です。


しかし、単純にカテゴリー設定をするよりも、seo対策に強い設定方法に拘ることで
効果を高めたり、競合相手よりも優位に立てるといった期待ができるようになります。

基本のseo対策として、カテゴリーのジャンルと記事の内容が一致していることが大前提です。

関連性の薄い記事を含むと、利用しにくいウェブサイトやブログとして評価されてしまいます。


記事が増えてくるとジャンル分けが難しくなってきますが、この場合は親カテゴリーと子カテゴリーといった風に
入れ子としてカテゴリー設定をすれば、すっきりと整理できてseoの効果が高まります。
効果が高まる

 

カテゴリー設定で多くの記事が集まったなら、複数のページに分けるようにするとすっきりしますが、
ページ送り用のリンクのタグにprevとnextの文字を入れて繋ぐようにすると、検索エンジンに
適切な情報を伝えやすくなり効果的です。